· 

「どうしたらいいですか?」と聞いてくる新人・若手に判断力をつける方法

「うちの新人はすぐに『どうしたらいいですか?』

と聞いてくるけれど、もっと自分の頭で考えてほしい」

 

このようなことでお悩みの経営者、管理職、教育担当の方は多いのではないでしょうか?

 

「もう少し自分で考えてよ!」と言いたくなるものの、

そのように言ったところでできるようになるわけではありません。

 

それではどうしたらいいのか?

 

本来社会人は、「どうすればいいですか?」とただ聞くのではなく、

自分自身で判断をした上で、「〇〇してもいいでしょうか?」と聞かなければなりません。

 

しかし多くの新人・若手は、そうすべきであることを理解していません。

また物事を考える力が養われていないので、

どのようにしたら良いのか、自分自身でも判断できないのです。

 

そこで、判断力を養うための訓練が必要です。

 

判断力を養うためには、

 

手順1:選択肢をできるだけ洗い出す

手順2:それぞれの選択肢を選んだ結果、何が起こるかを想定する

手順3:どの選択肢をとるべきかを比較し、決定する

 

この手順が必要です。そして訓練を積み重ねることが重要なのです。

 

〈セールスアカデミーでは、

「どうしたらいいですか?」と聞いてくる新人・若手を変える教育を行います!〉

 

株式会社セールスアカデミーでは、

新人・若手向けに「判断力」や「考える力」「主体性」を身につけさせる教育を行います。

 

すぐに「どうしたらいいですか?」と聞いてくる新人・若手には、

それではいけないということをしっかりと伝え、

自分自身でどのように判断していくかを教える必要があります。

 

判断力が身につくことで、新人・若手の行動は劇的に変化する可能性を秘めています。

 

「どうしたらいいですか?」と聞いてくる新人・若手を変えたい!

という企業様は、ぜひご相談ください。

 

 

〈オンライン無料セミナー情報〉

 

言われたことしかできない新人・若手を変える方法セミナー

 

[内容]

・なぜ考えることが苦手な新人・若手が多いのか

・言われた内容「以上」のことができるようになる方法

・「どうしたらいいですか?」ではなく「〇〇してもいいですか?」と聞くようにさせる方法

[日程]2021年2月19日(金)11時~12時

[会場]オンライン(Zoom)セミナー

[対象]経営者、人事担当者様

[定員]20名

[参加費]無料