· 

上司・先輩は「考えられる新人・若手」に育てあげることが重要!

「うちの新人は、自分自身で判断することが苦手な人が多い」

「若手にはもっと自分の頭で考えられるようになってほしい」

 

このようなことでお悩みの人事・教育ご担当者様は多いかと思います。

 

そこでご質問です。皆様の組織では、

上司や先輩は「考える力のある新人・若手」を育てようとしているでしょうか?

 

これらの力は、新人・若手本人の努力ももちろん必要ですが、

直属の上司や先輩がしっかりと教育することが重要になります。

 

それではどのような教育をしたらいいか。

 

・言われたことしかできない新人に対しては、

「指示の上位の目的(なんのために出された指示なのか)をしっかりと考えているか」を確認する

 

・「どうしたらいいですか?」と聞かれたときに、簡単に答えを教えてはいけない

 

・自分で判断するにはどのような手順で考えたらいいかを教える

 

日頃から、こういった工夫をする必要があります。

 

新人・若手の「考える力」は、本人のみならず上司や先輩も一緒になって取り組み

さらには組織として体系的に教育を行うことで、初めて養われていくものなのです。

 

〈セールスアカデミーでは、

上司・先輩に対して「考える新人・若手」を育てるお手伝いをします!〉

 

セールスアカデミーでは、新人・若手に対して考える力を向上させる研修をご提供していると共に、

上司や先輩向けに、そういった新人・若手を育てるための指導方法についての研修も行っております。

 

新人・若手の考える力が向上することで、組織のレベルは大きく変わってきます。

 

新人・若手に考える力や主体性を身につけさせたいとお考えの企業様、

その上司・先輩に対しても指導方法を学ばせたい企業様は、ぜひご参加ください!

 

[テーマ]言われたことしかできない新人・若手を変える方法セミナー

[内容]

・なぜ考えることが苦手な新人・若手が多いのか

・言われた内容「以上」のことができるようになる方法

・「どうしたらいいですか?」ではなく「〇〇してもいいですか?」と聞くようにさせる方法

[会場]オンライン(Zoom)セミナー

[対象]経営者、人事担当者様

[参加費]無料

[お申込]お申込ページ