考える力向上研修[1日間or半日間]

「うちの部下は言われたことはできるんだけど、逆に言うと、言われたことしかできないんだよなあ」そんなお悩みをお持ちの上司の方は多いのではないでしょうか。もう少し自分の頭で考えてほしいと思うものの、そのような癖を身につけさせることは、一朝一夕にはできないものです。この研修では、言われたことをそのままやるのではなく、「それ以上のこと」をするにはどうしたら良いかを学び、訓練していただきます。また新入社員や若手社員が、これまでに経験したことのない場面に遭遇したときに、どのように判断したら良いかという判断力についても身につけていただきます。

 

※本内容は個別に企業様向けに実施する内容ですが、お一人からご参加可能な公開型の研修(オンラインで開催)の設定もございます。公開型については、考える力向上研修(公開型)をご覧下さい。

■カリキュラム

Ⅰ.考える力

自社の社員が全員深く考えずに行動すると、何が起きてしまうでしょうか。新しいサービスや商品は生み出されず、問題が起きても放置されてお客様からも見放される、そんな最悪の事態が起き得るかもしれません。ここではまず、考えて働くことの重要性について理解していただきます。

Ⅱ.上司に言われたことをそのままやってはダメ

上司からすると「部下は言われたことしかできない」と思うようなケースでも、部下からすると、「上司に言われた通りにきちんとやっている」と満足しているケースが多くあります。これは、上司が部下に対して本当に求めていることを、部下がきちんと理解していないことが要因です。ここでは「上司に言われたことをそのままやるだけではいけない」ということを理解していただき、「それ以上のこと」を行うにはどうするべきかを学んでいただきます。

Ⅲ.判断力を養う

業務や指示を与えても、すぐに「どうしたらいいですか?」と聞いてくる新入社員や若手社員は多いのではないでしょうか。「そのくらいのことは自分で考えて」と言いたくなることもあると思いますが、上司の指示がないと動けない方が多いのが実情です。ここではご自身で判断する、いわゆる「判断力」を養うためにはどうしたら良いかを学んでいただきます。そして「どうしたらいいですか?」という聞き方ではなく、自ら判断し、「○○しても良いですか?」という聞き方ができるようになっていただきます。

Ⅳ.今日から実践すること

研修で学んだことは、現場で実践しなければ意味がありません。研修後すぐに試してみる必要があります。本研修のラストとして、研修の中で学んだことを現場に戻ってからどのように活かすかを考えていただき、現場に戻ってから早速実践していただきます。

■カリキュラム詳細

考える力向上研修[半日間]

 

Ⅰ.考える力

~考える力の重要性

[ワーク]社員が何も考えずに働いていると、会社はどうなってしまうか

 

Ⅱ.上司に言われたことをそのままやってはダメ

1.上司から指示があった場合の対応

・言われた「以上」のことをする

2.上司から指示を受けた場合のSTEP

STEP1:上司の指示の上位の目的を考える

STEP2自分が上司の立場だったら、上位の目的を達成するために何ができるかを考える

[ワーク]上司の指示を受け、どのように行動すべきか

 

Ⅲ.判断力を養う

1.「どうすればいいですか?」ではなく「○○してもいいですか?」と聞く

2.判断力を養うためのSTEP

STEP1:選択肢をできるだけ洗い出す

STEP2:それぞれの選択肢を選んだ結果何が起こるかを想定する 

STEP3:どの選択肢をとるべきかを比較し決定する

[ワーク]クレームの連絡を受けた際にどのように対応するかを考える

 

Ⅳ.今日から実践すること

[ワーク]現場でどのように活かすか

 

※常にプログラムの改良を行っているため、内容は若干変更になる可能性があります。

■関連する研修・教育

本研修は、新人・若手から中堅社員までを対象とした内容です。しかし考える力を向上させるためには、1回きりの研修では不十分で、日常における上司・先輩からの現場での指導も必要になります。こうした上司・先輩向けの研修にもご興味がある場合は、部下・後輩の考える力を向上させる指導の仕方研修をご覧下さい。

 

■おすすめの研修・教育

本ページをご覧になった方は、下記ページについてもよく閲覧されています。