聞くプロになる7つの法則

■研修名

聞くプロになる、7つの法則(C4)【基礎コース④】

 

■研修内容

コミュニケーションの割合は「聞く」ことが多くを占めています。「聞く」を制する者が「営業」を制すると言っても過言ではありません。聞くプロになるための7つの法則をマスターすれば、あなたも聞き上手になれます。

ロールプレイングでは、良い聞き方や悪い聞き方を体験してもらい、明日から実践できるレベルを目指します。

 

■テーマ

・質問と説明の割合は?

・聞くプロになる7つの法則とは?

・ロールプレイングで聞き上手になる

 

■受講者の声

・コミュニケーションにおいて「聞く」がかなりの割合を占めているということに驚きました。まずは傾聴の姿勢と質問の際に尋問にならないよう心がけます。

・相手に対して、「自分は理解している」と伝えることの大切さを学びました。

・聞くことを意識してお客様と話していますが、自己開示や割合など細かなテクニックが使えていなかったので、意識して取り組もうと思いました。本日はありがとうございました。

・コミュニケーションをとる上で重要な「聞く力」のテクニックを学ぶことができました。

・トップセールスマンの特徴として、お客様の考えを整理すること、自分の言葉で表現できているということを知り、私自身もそうならなければいけないと思いました。今後表現する力を意識していきたいと思います。

・相手のニーズを理解することが大事だということを学びました。

・相手に寄り添うコミュニケーションの大切さに気付けました。ちょうど昨日、クレーム対応で相手を怒らせてしまったので、非常に勉強になりました。ありがとうございました。

・質問することが大事だということが良くわかった。

・相手にニーズがあるか分からないときは、説明を5割に増やすと良いということが印象に残りました。

・質問を事前に複数用意しておくことの重要性を理解しました。

・コミュニケーションの割合のうち、聞くことが65%を占めているため、聞くことが人間関係を構築していく上で大事だということを学んだ。

・本研修で学んだ7つの法則の中でも、相手の気持ちをよく考え、聞く姿勢を大事に、営業活動をしていきたいと思います。

・質問の大切さと共に、質問ばかりしてもダメだということを学びました

・聞く力が全体の6割強を担っていることに気づかされた。

・「相手の話を理解している」ということを表現することが大事なんだと気づきました。

 ・相手の話を聞いていると表現することが大事であると学びました。

・聞くことの重要性について再認識でき、とても満足です。

・入社10年目になりますが、若手の頃にやってしまいがちなことが多くあり、再度意識して、日々の営業活動に活かしていきたいと思いました。

・理想的なコミュニケーションの割合について勉強になりました。

・お客様に聞きづらいことを聞くときは、事例を入れてお客様が答えやすいように質問しようと思いました。これまではストレートに聞いてしまっていたことがあったので、気を付けていきたいです。 

・初回訪問によるヒアリングの大切さを学びました。

・質問と説明の割合8:2が最適であることを学びました。

・質問をしようという意識が多く、尋問のようになっていたことに気がつきました。今後はお客様の意見を聞き、質問攻めにならないようにしたいです。

・質問と説明の割合が数値的、また自己開示の法則についても事例を交えていただき非常に理解しやすかったです。シンプルで一般的な言葉で学べて分かりやすかったです。

・話の引き出し方にテクニックが存在することが再認識できました。今後はそれらを意識することを心掛けます。

 

■対象

全ての階層

■所用時間

[対 面 型]2時間

[オンライン]1時間

■研修スタイル

対面型 又は オンライン(Zoom)

■価格

①「熱・考・動クラブ(定額制・研修受け放題サービス)」をお申込みのお客様

3名まで無料でご受講いただけます。

 

②一般のお客様

10,000円(税別)/名

■おすすめの研修・教育

本ページをご覧になった方は、下記ページについてもよく閲覧されています。