研修中のルール/社会人の心構え-オリエンテーション-

セールスアカデミーでは、学生から社会人への意識の切り替えを行うことに注力しています。「最近の新入社員は、入社後も学生気分が抜けていない人が多い」といったお悩みを抱えている企業様は多いかと思います。しかし入社したての新入社員に対して、厳しく指導するのも気が引けるという教育ご担当者様もいらっしゃるかと思います。セールスアカデミーでは、そういった企業様に代わって、新入社員を厳しく指導・教育を行うことで、社会の厳しさを認識していただきます。その上で、研修を通して使用し、受講者に徹底させる「研修中のルール」や、「社会人の心構え」についてご紹介します。

■研修中のルール

1.大きな声で返事・挨拶をしてください。

 

2.研修会場は職場およびお客様との商談の場と考え行動してください。

 

3.居眠り、あくびは絶対にしないよう注意してください。お客様の前で寝る人、あくびをする人はいないはずです。休憩時間中の居眠りも禁止です。研修期間中も給料が支払われていることを常に意識してください。

 

4.研修中は同期同士であっても敬語を使ってください。

 

5.研修中のスマホ・携帯は禁止です。講師から許可が出た場合のみ使用可能です。

 

6.研修会場は清潔に保ってください。床に個人の物を散らかしたりしないよう注意してください。

 

7.昼休憩時を除き、研修会場内での食事は禁止です。水分補給は随時行ってください。

 

8.研修会場内はもちろん、研修会場外(廊下や休憩所等)でも、騒ぐなど社会人として相応しくない行動はしないよう注意してください。隣の部屋では仕事をしている人がいます。常に見られていることを意識してください。

 

9.講師(上司・先輩)から呼ばれたら、0.1秒で「はい!」と大きく返事をし、心臓を向けて話を聞く姿勢を持ってください。

 

10.時間厳守です。5分前行動を常に心掛けてください。研修前や昼休憩の際は5分前、10分休憩の際は1分前行動です。そして、5分前、1分前には研修を始められる状態でいることを心掛けてください。

 

11. 研修中の皆さんは、講師を評価する立場にはありません。講師から評価を受ける立場です。会社に戻っても同様です。上司や会社を評価する立場にはありません。上司や会社から評価を受ける立場であることを認識してください。

 

12. 「宜しくお願いします」、「ありがとうございます」をたくさん言ってください。

 

13.メモはすぐ取ってください。講師(上司・先輩)に指示されたことを頭で記憶せず、すぐにメモを取り、確実に実行してください。そして、同じことを何度も言われないようにしてください。

 

14.研修中にできないことは、その後、社内・社外でもできません。研修中はトレーニングとして何事にも真剣に取り組んでください。

 

15.素直とは「はい!」と言うだけではなく、行動が伴ってようやく素直だと言えます。あれこれ考えずに、まずは言われた通りにやってみることを心掛けてください。

 

 

■社会人の心構え

1.社会人になった瞬間(会社に入社した瞬間)から、会社を評価する立場から、自分が会社(上司・先輩)やお客様から評価される立場に変わりました。

 

2.(1)お客様へ商品・サービスを提供する、(2)お客様から代金をお支払いいただく、(3)会社に残った利益から給料が支払われる。この順番を逆に考えてはいけません。

 

3.40代以上のビジネスパーソンは、20代前半の若者に対する評価が厳しいです。逆に、期待以上の仕事をすれば一気に高い評価を得ることができます。

 

4.仕事を楽しむためには、まず基礎力が必要であり、1年目から仕事を楽しめることはまず有り得ません。楽しみたいのであれば、自分でお金を支払ってテーマパークなどに行き、自分がお客様の立場で楽しんでください。今はお金をもらっているということをプロとして認識すべきです。

 

5.20代で一所懸命に頑張った人は30代以降で活躍できます。

 

6.価値を提供できなかったら、居場所がありません。

 

7.ビジネスパーソンは結果と行動で評価されます。

 

8.モチベーションは誰かに上げてもらうのではなく自分でコントロールすべきものです。

 

9.他人と過去は変えられませんが、自分と未来は変えられます。

 

10.コンプライアンスに関する正しい認識を持ってください(研修中の様子をSNS等で公開しない、他社情報を漏えいしない等)。

 

■受講者の声

・学生のときの考え方が通用しないことは多少知ってはいたが、自分が思っている以上に考え直すべき点が多いことがわかったため、今日から意識を変えていこうと思った。

 

・今日の研修で学んだ基本的な作法、特に大きな声で挨拶をする、返事をする、身体を向けて話を聞くということを、上司やお客様の前でも実践したいきたいと思います。

 

・基本である挨拶やお辞儀等、礼儀作法について学ぶことができました。基本的な挨拶や、今日気づくことができた一つ一つのことを毎日思い出し、自分と照らし合わせながら成長してまいります。

 

・社会人としての心構えが甘かったと痛感する部分があった。お客様に評価される立場であることの再確認ができた。

 

・話を聞くときの姿勢について、自分自身でこれまで気をつけていたところもあったが、より相手の立場に立って考えてみることによって、もっと改善できず部分があると気づいた。

 

・研修中のルール、社会人としての心構えについて学び、学生と社会人の違いをはっきりと理解できたと共に、これから常に意識して行動しなければならないと感じた。

 

・これまで考えたことがあまりなかったことや、社会人の厳しさについて少し理解できました。学生気分を早く抜け出して、社会人としての心構えを常に忘れずに行動していきたいと思います。

 

・研修中のルールとして、私たちは人を評価する立場ではなく、評価される立場であるということが、一番印象に残りました。会社が私たちに時間とお金を投資してくれているということを、最後まで忘れずに研修を受講します。

 

・研修の中で、挨拶について、何度も練習しました。はっきりと声を出してキビキビ働くということが、社会人として何よりも大切だということがわかりました。

 

・受講するまでは、研修だから「受けるもの」という意識でいましたが、お給料を頂いていて、会社員として出社しているので、気を引き締めてやってきたいと思います。

 

・挨拶については、第一声で自分の評価が決まってしまうと考え、しっかりとした挨拶を心掛けるようにしていきます。

 

・研修中のルールとして教えていただいた内容は、社会のルールでもあるので、吸収し、力にしていきたいと思います。

 

・私は失敗を引きずるので、「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」という言葉を忘れないようにし、前向きに努力をしたいと思います。

 

・挨拶をする際に、「頭の言葉」と「お尻の言葉」をはっきり言うことを教えていただけたので、すぐに実践に移していきます。

 

・この研修は会社から私への投資であると学んだたため、会社に対して利益を還元できるようにがんばりたいと思います。

 

・自分の中では、返事・挨拶・敬語はできているものと思っていましたが、しっかりと考えてみると全然できていなかったことに気づくことができました。

 

・社会人の心構えについて、今までは会社を評価する立場であったが、自分がお客様から評価される立場に変わったことを改めて認識することができた。入社してからも、会社を評価してしまっていたので、それが間違いだとわかった。

 

・今まで当たり前だったはずの挨拶を実際にしてみて、できていない部分が多く、指摘もされてしまったので、営業職として恥ずかしくないような声量・姿勢で挨拶をしたいと思います。

 

・挨拶、返事については、社会人として当たり前であり、できていると思っていたのですが、いざやってみると他の受講者から注意されることもあり、しっかり意識をしてやっていきたいと思いました。

 

・研修中の過ごし方についての説明で、「研修会場を職場だと思うように」との話がありました。私は今朝まで、「研修を受けに行く」という気持ちでいましたが、この研修期間にも給料は発生しているので、毎日仕事に来ているという自覚をもって研修に取り組みたいです。

 

・「仕事をがんばって信頼されると、次の仕事が頂ける」と学んだので、仕事をたくさん頂けるようにがんばりたいと思います。

 

・社会人としての心構えの中に、「モチベーションは誰かに上げてもらうのではなく、自分でコントロールすべきもの」とありましたが、お客様から見ると、自分のモチベーションが高い、低いは関係のないことなので、どのような状態でも全力で対応できるよう心がけていきたいと思います。

 

・自分ではできているものだと思っていても、できていないことが多いことがわかりました。自分自身の求める姿がどういったものであるか気づくことができたので、良いと思ったことは実行し続けて、悪いところは直していこうと思いました。

 

・まず挨拶の仕方や、挨拶の大切さについて学びました。もっと大きく声を張って、がんばろうという気持ちが皆様に伝わるように気を付けていこうと思います。また聞くときの態度についても、体を向けたり、頷いたり、メモを取ったりする等、姿勢によって印象が大きく変わることを体感できました。まずは社内の先輩方に信頼されるような姿勢を示し、たくさん教えていただけるような環境を作っていきたいと思います。そのためには皆様に聞いてもらえるくらいしっかりと挨拶をして、自分のことを覚えていただけるよう努力します。そして先輩方とよくコミュニケーションを取り、分からないことがあったらすぐに聞きにいこうと思います。メモをしっかりと取って、一度聞いたことは忘れないようにします。貴重な時間を割いて教えていただくことを意識し、「教えてもいい」と思ってもらえるためにも、常に積極的な姿勢で過ごしたいと思います。

 

・社会人の心構えについて学んだ。今日の研修で学んだ基本的な作法について、(特に「大きな声で挨拶をする」「返事をする」「身体を向けて話を聞く」といったことを、社内やお客様の前でも実践していきたいと思う。またわからないこと、知らないことは積極的に潰し、期待されている以上の結果を残していきたいと思う。そして今、自分自身が、研修という投資を受けている重大さを理解し、研修についても全力で取り組んでいきたい。

 

・「目で感情を表現する」ということについて、これまで考えたこともなかったので、今回知ることができて良かったです。特に最近はマスクをしていることが多いので、意識してやってみたいと思いました。また聞き上手になるためにも、人が話している際には、あいづちといったリアクションを返すことを意識したいと思いました。

 

・社会人、新入社員としての心構えを学び、改めて学生との違いを認識できた。これからは学生気分を捨てて、会社の、そして社会の一員として責任ある行動を取るようにしたい。

 

・新入社員が最も見られている点が、大きな声での返事・挨拶だと改めて認識することができ、常に気をつけなければならないと感じた。学生の頃の考え方が通用しないとはなんとなく感じていたが、自分が思っていた以上に、考え直すべき点が多いことがわかった。今日から意識を変えていこうと思う。話を聞くときの姿勢について、自分自身でこれまで気をつけていた点もあったが、相手の立場に立って考えてみることによって、もっと改善できる点があるということに気づくことができた。

 

・研修中のルール、社会人としての心構えを学び、学生と社会人の違いをはっきりと理解できた。これからは、これらを常に意識して行動しなければならないと感じた。自己紹介については、どういった目的で行うのかを考えたことがなかったが、今回、初めて意識することができた。今後は「信頼関係を築くため」「興味を持ってもらうため」等、状況に応じた目的を意識した自己紹介をしていきたい。

 

・これまであまり考えたことがなかったことや、社会人の厳しさを理解できました。早く学生気分から抜け出して、社会人としての心構えを常に忘れずに行動していきたいと思います。

 

■おすすめの研修・教育

本ページをご覧になった方は、下記ページについてもよく閲覧されています。