· 

若手・新人に判断力をつけるには組織的な取り組みが必要

「若手の判断力が上がるよう、上司にはしっかりと教育をしてほしい」

「自分で判断できない人材が多いのは、直属の上司や先輩の責任だ」

 

このように考えている経営者、人事・教育ご担当者様はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし若手に判断力をつけさせるのは、並大抵の努力ではできません。

 

「言われたことしかできない新人」

「自分で判断できない若手」

 

こういった人材を変えるためには、上司や先輩の指導が不可欠ですが

かなりの負荷がかかるものです。

 

日々指導をしていてもなかなか部下・後輩が変わらない状況に

教える側が精神的に病んでしまうというケースもあります。

 

それではどうしたらいいか。

 

組織全体で、「考えられる若手・新人」を育成することが必要です。

 

若手・新人の教育は現場任せではいけません。研修体系を整えたり、

上司や先輩に対してどのように指導するべきかを教育する等、組織として取り組むことが不可欠なのです。

 

全社として「考えられる人材を育てよう」という風土作りも必要です。

 

〈セールスアカデミーでは、若手・新人に判断力をつけるお手伝いをします!〉

 

セールスアカデミーでは、「自分自身で判断することが苦手な若手・新人」に対して

どうすれば判断力をつけることができるかを追求してきました。

 

その上で、若手・新人への教育と、上司・先輩への教育の両面から取り組むことで

最も効果が上がるということがわかってきました。

 

若手・新人に対して「判断力」「考える力」をつけさせるための研修、

その上司・先輩に「指導の仕方」を学んでいただく教育等、様々なサービスをご用意しています。

 

「自分で判断することができない若手・新人」を抱えている企業様は、ぜひご相談ください。

 

[テーマ]言われたことしかできない新人・若手を変える方法セミナー

[内容]

・なぜ考えることが苦手な新人・若手が多いのか

・言われた内容「以上」のことができるようになる方法

・「どうしたらいいですか?」ではなく「〇〇してもいいですか?」と聞くようにさせる方法

[会場]オンライン(Zoom)セミナー

[対象]経営者、人事担当者様

[参加費]無料

[お申込]セミナーお申込み