· 

営業・接客業向けの教育は何をすべき?現状のスキルを定量化させて課題を明確に!

「なかなか成果が出ない営業がいるけれど、どんな教育をしたらいいのだろう」

「接客を行うスタッフのスキルを向上させたいが、何から始めるべきかわからない」

 

このようなことでお悩みの経営者、人事・教育担当の方は多いのではないでしょうか?

 

営業力、接客スキルといったものは目に見えないものです。

そのため客観的にそのスキルを評価することは難しく、

本当にスキルが足りないのか、そもそも何かしらの教育をすべきなのか、

このあたりもわかりづらいものなのです。

 

それではどうしたらいいのか?

 

まずはどの程度の営業力、販売スキルがあるのかを定量化させる必要があります。

 

営業力、接客スキルと一言で言っても、

「ヒアリング力」「説明能力」「知識」等、様々な要素が含まれています。

そのためこれらを細分化させて、項目ごとに定量的に評価することが重要なのです。

 

それによって、個人の弱みや組織としての課題が明確になるため、

それに応じた教育プログラムを考えていくのが良いでしょう。

 

 

〈セールスアカデミーでは、10,000円/名で営業力・接客スキルを診断します!〉

 

株式会社セールスアカデミーでは、

営業職や接客のお仕事をされる方向けに、スキルの診断を実施しています。

販売ロールプレイング、プレゼンテーション、筆記試験を行っていただき、

「性格」「ヒアリング力」「説明能力」「知識」「経験」の5項目のスキルを診断し、

定量化することができます。

 

他の社員と比較してどのあたりが弱いのか、組織的にどのような課題があるのか、

これらを明確化させることで、個人として、また組織として

取り組むべき教育のヒントを見つけ出していただくことができるのです。

 

営業や接客スタッフ向けにどのような教育を行うべきかをお悩みの方は、ぜひご相談ください!

 

営業力、接客スキル診断サービス「営業模試」

10,000円/名で営業ロープレ、プレゼン、テストにより営業の実力を診断

 

短期集中・マンツーマン営業力強化プログラム